top of page

回顧録 2020年 

この年はいろいろな事がありました。この記事を書いているのは2021年2月ですが、

振り返ってみたいと思います。

いまさらですが、もちろん『コロナ』

この度の新型コロナにより有形無形の影響を受けられた全ての方に

心からお見舞い申し上げます。

まさかこんな事が起こるなんて、誰が予想してたでしょうか・・・

2019年春にAhiruya apartment、(妹が営業していた)Ahiruya 共に営業を終えてから

父親の介護にあけくれていましたが、流石にこのまま年月が流れていくのはまずいな

と いろいろいろいろ考えて そろそろ行動に移さねばと思った矢先に『コロナ』でした。

家から出るな、STAY HOME!!て言われて 家から出たがらない陰キャがこんなに認められた事がいまだかつてあったでしょうか? 

私は本来、外出したがらない性質なので苦痛ではありませんでしたが、家から出ないということがこんなに推奨される日がくるなんて・・・ 

そしてこんな事ですべての社会活動が止まってしまうことがひたすら驚愕でした。


もう一度お店をしてみよう と思った経緯については長い話になるので割愛いたします。

2020年夏からずっと店をするための店舗物件を探していました。

P,C あるいはスマホひとつで物件検索できるなんて いい世の中ですね。

もう高額な商品を取り扱うわけでもなく、もちろん確たる目論見があって

再度店を始めるわけでもなく、どう考えても固定費は抑えねば!

という強い意志だけをもって(笑)2~3日に一度新着物件をチェックしてました。

くる日もくる日も不動産を検索する毎日。

兵庫駅近辺から灘あたりまで・・・

まずは価格、それからまわりの風景、地域性、利便性、

店の内装、スケルトンなのか居ぬきなのか

まさしく帯に短しタスキに長し、これ!といった物件にはなかなか巡り合いません。

それから、店を計画するにあたってまちがいなく今回が一番慎重です。

あわせて今までの自分がいかに無鉄砲であったか、今こうして無事に

生活出来ているのも運の良さにほかならず、ひたすら全てのことに改めて感謝です。

間違いなく長い年月が過ぎました。











閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

回顧録 2020年 11月

営業するのは2021年夏以降のつもりだし、まぁ早くぴったりの物件が見つかっても 困るし、まぁいいや ゆっくり納得のいく物件が見つかるまでゆっくりいこう。 と思った矢先 2020年の11月・・・見つかった・・・これ これですよ。 さっそく不動産屋さんに連絡。あとはもう流れるように。 父親の体はかなり動けなくなって 自宅での介護が難しい状態になっています。 妹と一緒に店をするということは父親を施設にお

Comments


bottom of page